長距離ドライバーになるには?一人でできて運転が大好きな人必見の豆知識や基本を紹介!

当サイトは長距離ドライバーになるにはというテーマで、様々な情報を解説しています。
一人でできて運転が大好きな人必見の豆知識や基本を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
長距離のドライバーに向いている人の特徴や、性格特性にも触れているサイトです。
自分が向いているか知りたい場合には、目を通してみることをおすすめします。
また長距離の女性ドライバーの活躍の実態も取り扱っています。
ドライバーを目指したい女性にもおすすめです。

長距離ドライバーになるには?一人でできて運転が大好きな人必見の豆知識や基本を紹介!

日本中を自らの運転で移動する、長距離ドライバーになりたいと思っている人は多いのではないでしょうか。
長距離ドライバーになるには、求人情報を調べて応募するのが一般的です。
正社員だけでなく、契約社員やアルバイトなどでも募集をしていることがあります。
未経験者の募集もあるので、異業種からの転職で長距離ドライバーになりたいという場合でも大丈夫です。
特に大型免許を持っているのなら、長距離ドライバーになれる確率は高くなります。

好きだけでは出来ない!過酷な長距離ドライバーの仕事内容とは

好きであることは必須の条件と言えますが、ただ好きだというだけではできないのが長距離ドライバーの仕事内容です。
過酷というのはちょっと言い過ぎかもしれませんが、仕事は長時間に及ぶことが一般的なうえに、深夜時間帯に乗務することも多く、場合によっては昼夜逆転の生活になるかもしれません。
体力的にも精神的にもタフでないと勤まらない仕事です。
デスクワークをしている会社員であれば、眠いときとか疲れているときなどにちょっとうとうとしても上司に叱られる程度で済むかもしれませんが、長距離ドライバーが運転している最中にそんな状態になるとどうなるかは明らかです。
ニュースで報道されるような大事故を起こしてしまうかもしれません。
また、実際の仕事は運転だけではなく、トラックに積載する荷物の積み下ろしなども自分自身で行わなければならないことも良くあります。
運転が好きだからと言ってそれだけが仕事の100%ではないということも理解しておく必要があると言えます。

長距離ドライバーなら未経験でも始められ起業することも可能!

長距離ドライバーは、未経験であっても採用してもらえる可能性がけっこうあります。
なぜなら運送業界は人材不足気味の業界だからです。
そのため、40代くらいの年齢であっても、経験なしから採用してもらえる場合も少なくありません。
しかし運転のスキルは絶対に必要で、転職する前に大型自動車免許やけん引免許などを取得しておくのがおすすめです。
長距離ドライバーというと、荒くれ者のトラック野郎というイメージを持つ方もいるかもしれませんが、実際に求められている人材像は、時間をしっかり守る明朗快活で真面目な人です。
きちんとそつなく仕事ができる人なら歓迎されるでしょう。
長距離ドライバーは起業も不可能ではありません。
サラリーマンドライバーとしてしばらく経験を積み、その後独立して、大手の運送会社などの下請けのような形で仕事をしている人がけっこういます。
ただ、独立とは名ばかりで、実態は元受会社に隷属しているだけのような状態にならないように気をつけましょう。

長距離ドライバーになるには退職金やボーナスなどの待遇もきちんと確認を!

長距離ドライバーは、入社するときには退職金やボーナスなどの待遇があるかどうかを確認しておく必要があります。
大きな会社であれば募集要項などもしっかりしていますが、個人で経営しているような会社の場合後から条件が異なってくることもあるので注意が必要です。
長距離ドライバーは、退職金やボーナスなどが無い会社もあります。
その分、収入は一般的な宅配ドライバーなどよりも良い会社も多いですが待遇面は良いほうが良いので募集要項に目を通して必要であれば面接の際に質問をするのが良いでしょう。
そこであいまいにしたり歯切れの悪いことを言われたら、あまり期待できないかもしれません。
ボーナスは業績が良い時でないとどのような業種でも出ないケースが多いですが、退職するときには何ももらえないとその後の生活もありますので就職をして長く働きたいなら確認するのが重要です。
ボーナスも、直近で何か月分くらい出ているのかを確認しておきましょう。

長距離ドライバーの収入は厚労省の賃金構造基本統計調査で高い傾向と判明

運転が好き、一人で責任感を持て働くことが好きという人におすすめの職業があります。
それが長距離ドライバーという職業です。
一人で運転して荷物の上げ下ろしをし、北は北海道から南は沖縄までトラックを走らせることが出来るので運転好きな人は旅行気分を味わうこともできます。
そして長距離ドライバーは厚労省の賃金構造基本統計調査で収入が高い傾向と判明しています。
その理由として考えられるのは、昨今のネット通販や物流が飽和状態になっており、猫の手も借りたいほどドライバーのニーズが高まっているからです。
なかでも長距離のドライバーを買って出る人は少ないです。
拘束時間が長く、身体的肉体的にも過酷な職業であるのは間違いないからです。
拘束時間が長く、座りっぱなしの態勢であり、また時間厳守の仕事でハードなために待遇や収入も高くなっています。
長距離ドライバーで気を付けなければいけないのが、休憩屋勤務時間の自己管理と、安全運転管理者の指示を遵守することです。

長距離ドライバーとして活躍するために大事なこと①大型や中型自動車免許の取得は必須

長距離ドライバーとして活躍するために大事なことですが、自動車免許の取得は当然ながら必須です。
免許も持たないままに長距離ドライバーで働きたいと考える人はあまりいないでしょう。ただ、入社前に取得していなければ絶対に無理かというとそんなことはなく、会社の費用で取得をサポートしてくれるところはいくらでもありますので、その点はそこまで強く心配することではありません。
要はやる気というか適性の問題になってきます。
トラックの免許は区分があって、大型や中型がありますので、運転する車に合わせたものが必要になります。
ここで考えておくべきは、できるだけ仕事の範囲を広げておいたほうが良いということです。
いま自分が運転する車の区分が今後も常に一緒とは限りません。
会社の都合もあるでしょうし、転職をする際にも対応範囲が広いほうが強いに決まっています。
できるだけ自分のスキルの範囲を広げる努力はどのような仕事をしていても重要です。

長距離ドライバーとして活躍するために大事なこと②フォークリフトやけん引免許の取得

長い人生において自分に適した職業、働いていて遣り甲斐が感じられ楽しいと思える仕事に就くことは大事なことです。
しかし仕事は好きで遣り甲斐を感じていても、人間関係が複雑で辛い思いをし退職せざるを得ないことも多いです。
このような状況になると再び再就職活動をしなければなりませんが、一人で責任感を持って遂行できる仕事を探すことも大事です。
例えば長距離ドライバーになることもお勧めです。
一人で遂行でき、人間関係の煩わしさに翻弄されることはりません。
そしてネット通販の普及で長距離ドライバーのニーズが高まってるのも事実です。
ただコロナ禍で飲食業の人が長距離ドライバーにシフトして職を求めている状況で、採用してもらうに厳しい競争となっているんです。
斎場率を高めるためには、大型や中型免許のほかフォークリフトやけん引免許を取得しておくと、他の人と差別化が図れ厳しい競争倍率を勝ち抜いて採用に結び付けることが出来るようになるのです。
またフォークリフトがあると職場での活躍の場も広がります。
倉庫作業なども行えるようになるので、給与が上がったり資格手当をもらえるようにもなります。

長距離ドライバーとして活躍するために大事なこと③体調の管理を万全に行う

長距離ドライバーはその名の通りに長い時間を運転する為に、自分の体調を管理しておくことはとても大切なことになります。
具合が悪いと途中で途中で休憩をはさむことになるので時間のロスにつながったり、運転しているときの集中力が欠けることで最悪の場合には事故につながることもあります。
体調管理を行う上で気を付けたいのが食生活と睡眠です。
普段からバランスの良い食生活を送るようにしましょう。
肉や魚などの良質なたんぱく質を積極的に摂取することはもちろんのこと、「第二の脳」とも呼ばれる臓器である腸内の環境を整えるためにヨーグルトや大豆製品なども摂取する必要があります。
睡眠に関しては、6時間から8時間の睡眠時間を確保することが理想的です。
熟睡しやすいようなに照明を暗くしたり、枕やマットレスの高さを調節して寝室の環境を整えておくこともおすすめです。
きちんとした睡眠をとることで、体の疲れがしっかりと取れるので長距離ドライバーとして快適に働くことができるでしょう。

長距離ドライバーとして活躍するために大事なこと④メンタルヘルスのケアや気分転換が上手

長距離ドライバーとして活躍するために大事なことは、メンタルヘルスのケアや気分転換が上手である必要があります。
t長距離ドライバーは、ただ長距離を運転するだけなので運転技術だけが重要と思われがちですが精神の安定は必要不可欠です。
気持ちがぐらついていると、注意が散漫になって運転に悪影響を及ぼします。
どのような人でも、長く運転をすると集中力が途切れたり疲れてネガティブな気持ちになるのは普通です。
そんな時に、自分なりに工夫して気分転換ができるような方法を持っておくことが大切になります。
長距離ドライバーは、運転技術はもちろんのこと常に平常心でいることが求められる仕事です。
メンタルヘルスは自分では気づきにくいですし、良い状態を保つのは難しいですが気分が良くなるようなアイテムをつかったり音楽を聴いたりして気持ちをポジティブに持つようにしましょう。
安全が第一ですので、心と体のケアをしっかり行うことがポイントです。

長距離ドライバーとして活躍するために大事なこと⑤安全運転管理者の指示を遵守

長距離ドライバーとして末永く活躍するためには、安全運転管理者の指示をしっかりと守ることが大事です。
この管理者制度は、交通事故の防止を図るために道路交通法によって定められた制度で、一定の規模以上の事業所では管理者の選任が必要とされています。
安全運転管理者は、職場のスタッフが安全運転するように、教育したり運行計画を作成したり、運転日誌をドライバーに記録させたりしなければいけません。
長距離ドライバーは、この管理者の指示を素直に聞いて実行する必要があります。
長距離ドライバーの中には気性が荒い人も多く、他人から指示されると反発したくなるような人もいるかもしれませんが、安全運転の指示だけはおとなしく従った方がいいでしょう。
長距離ドライバーは、大型のトラックなどを運転することも多いですが、そのような大型車両で交通事故を起こすと、とんでもない被害を出してしまうことがあります。
重大な交通事故を起こしてしまうと、もうドライバーを続けられなくなってしまうかもしれません。

長距離ドライバーに関する情報サイト
長距離ドライバーになるには?

当サイトは長距離ドライバーになるにはというテーマで、様々な情報を解説しています。一人でできて運転が大好きな人必見の豆知識や基本を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。長距離のドライバーに向いている人の特徴や、性格特性にも触れているサイトです。自分が向いているか知りたい場合には、目を通してみることをおすすめします。また長距離の女性ドライバーの活躍の実態も取り扱っています。ドライバーを目指したい女性にもおすすめです。

Search